すーちゃんねる♪ブログ

バレンタイン週間♪

2018. 3. 6.  すーちゃんねる♪


みなさま、こんにちは♪

『すーちゃんねる♪』です\(^^)/

今日は、
2月13日(火)〜18日(日)まで
勝手に開催していたバレンタイン週間で作った和菓子をご紹介いたします。


え...!?
いらない?

そんなこと言わないで、聞いてください笑

淡々といきますよっ
(記事を見直してみると長いです。)


まず、13日(火)は『いちごの水ようかん』



いちごは、佐賀県にふるさと納税をした際の返納品『さがほのか』を使用しました。
実は、水ようかんって簡単に作れるんですよ(^O^)

鍋に水と粉寒天を入れて混ぜながら火にかけていきます。
沸騰したら砂糖と市販で売っている練りあんを入れ、混ぜ合わせます。
火を止めて、粗熱が取れたら型に流して冷蔵庫へ

固まったら切って完成(*´∇`*)

ようかんの硬さは水や寒天の量でコントロールできます☆
大体、水300mlに対して小さじ1ちょいぐらい(多分)

30分ぐらいで簡単にできちゃうので、みなさまも作ってみてください☆

私の和菓子リストでもTOP3を争ういちごの水ようかん
おすすめです!!
※ちなみにレパートリーは10個ぐらいしかありません笑


バレンタインデー当日はお休みのため、何も作らず笑

15日(木)は『戌の練りきり』
趣味和菓子歴4年ですが、挑戦してみたかった和菓子、それが練りきり!!!
今回は、白餡作りからスタート。
一晩寝かせて、皮向いて、煮て砂糖加えて練って裏ごしして...



大変でした笑

でも白餡は、冷凍で1ヶ月くらい保存しておけるらしいので沢山作って必要な時に解凍するといいかも☆

白餡ができたら、練りきり生地作り♪
白玉粉少量に水を少し加えてダマにならないように混ぜたら、白餡を少し加え、よく混ぜます。
そのあと、残りの白餡を加え、混ぜ合わせます。
ラップをせずにレンジへ投入〜〜〜チンッ♪
水分を飛ばしていきます〜( ̄ー ̄)
何回か繰り返して、もっちりとまとまるようになったら完成(((o(*゚▽゚*)o)))

ここからが面白い!!!
粘土とか好きだった人は好きだと思います笑

食紅を使って生地を染めていきます♪
今回は戌だったので、黒を使用

市販のこしあんを練り切り生地で包み、取り分けて黒に染めたパーツをくっつけていきます笑

出来上がりはこちら☆





余談ですが
戌にしたのは、私が戌年だからです(*^^*)
年女です\(^^)/


練り切り生地が余ったので、こんなのも作ってみました笑



『おずっちょ練り切り』

組み立て前はこんな感じ



楽しいけど、和菓子屋さんみたくうまくはいかない...
改めて、和菓子職人はすごいと思いました。



まだ続きます笑

16日(金)『かぼちゃのきんつば〜お菓子にもつまみにも〜』

だんだんネタがなくなってきたので、クックパッドで『和菓子』と検索すると、美味しそうなものを見つけました。
そう、かぼちゃのきんつば。
本来は餡子で作りますが、かぼちゃを使うなんて!!!
っと衝撃を受けて作ってみました。



かぼちゃを茹でて、潰し砂糖を加え餡が完成。
クリームチーズをかぼちゃ餡に包んで焼きまーす。

じゃん!!



味は美味しいけど、これは和菓子なのかつまみなのか...笑

見た目を美味しそうに見せるのって難しいなぁと思いました。
かぼちゃの茹で加減、皮の作り方。要特訓ですね。

そもそも、きんつばを食べたことがないのもおかしい話笑

精進しますm(_ _)m


そして、やってまいりました
17日(土)・18日(日)
『安納芋ようかん』『りんごのういろう』『りんごの水ようかん』全部黄色笑

(写真左:芋羊羹 右上:りんごの水ようかん 右下:りんごのういろう)

芋羊羹は、鹿児島の安納芋を使って、砂糖を加えず作りました。

が、水分が多かったのか、寒天が少なかったか、固まりきりませんでした泣
母の感想は『離乳食』笑笑


りんごは院長が盛岡市からふるさと納税の返納品でもらったもの。
シャキシャキしていて甘酸っぱい『サンふじ』

それをすりおろし、ゆずと小麦粉を加えレンジにかけ出来上がった『ういろう』
レンジかけすぎで硬くなった甘酸っぱい餅笑

一方『りんごの水ようかん』は、すりおろしたりんごにさらに水分を加えたため、ようかんというより寒天...笑


結局どれもうまくいかず、
一番味が美味しい芋羊羹を患者さんに出すことに。
少しでも固めようと冷凍庫に入れたのが良かったのか、『芋アイス』として生まれ変わり評判でした笑



今回のバレンタイン週間を通して思ったのが、

失敗しても、めげずに挑戦し続けると、新たなアイディアややり方が見えてくるんじゃないかと思いました。

誰かの言葉を借りるなら、『前しか向かない』ですね笑



っということで、
リベンジでホワイトデー週間もやっちゃいます☆彡

ちなみにまだ何も考えていません笑

これ食べたいなんてご要望ございましたら、言ってください♪

もちろん、食べられる人は、期間中に響氣にご来院いただいた方に限ります(*´ω`*)

頑張って美味しい和菓子を作るので、
みなさん、怖いとか言わずに食べにきてください!笑


期間は
3月12日(月)〜18日(日)

みなさまのご来院お待ちしております☆



月曜会♪

2018. 3. 3.  すーちゃんねる♪

みなさま、こんにちは〜〜〜( ´ ▽ ` )



すーちゃんねる♪』です!!


春の暖かさが感じられる今日この頃ですが、
来週は天気が崩れ、少し寒くなるみたいなので、風邪を引かないようにお気をつけください!


さて、話は2月26日(月)に戻りまして...

第1回オズ通りの交流会を開催しました☆


自分の仕事や商店街のことについて気軽に情報交換できるように!
っとオズ通り商店街の副理事長でもある院長がはじめました。

毎回同じ曜日だと、定休日が被らなかったりとかで参加できない店主の方もいるので、
毎月か2か月に1回ぐらい曜日を変えて開催することに☆

そんな第1回目の交流会は
綱島街道を渡った先の中華屋さん『天福楼』にお邪魔しました☆




今回は月曜会ということで、飲食店の方も来てくれました♪





最初は初めましての方もいて、少しかしこまっていましたが、
自己紹介を終え、しばらくすると、笑い声が飛び交うほど盛り上がりました\(^^)/



繋がっていなかったところが繋がって、いろんな情報を共有したり、面白いこと一緒に考えたり、
っと、そんな過程をみているのがすごく楽しいと感じました。


この感じ、どこかで...っと思ったら

響氣が年3回行うパーティー!!!
こちらも患者さんや響氣の関係者の方が面白そうだと思って参加して、交流をします。
2年前から開催しているので、次で9回目になりますが、
毎回参加してる方もいるので、主催者が間に入らなくても、すごい盛り上がり様笑

って、話がだいぶあっちの方向へ行きましたが、
人と人を繋げること
それは、商店街という括りになっただけで、同じことをしてるんだと思いました。


自分一人ではできないことも、みんながいればできる。
たくさんの繋がりが、たくさんの面白いことへと繋がり、みんなで楽しめるように、
今後も横の繋がりを大事にしていきたいと思った月曜会なのでした♪



火曜会はどんな方と繋がれるのか、今から楽しみです☆彡



自然派ワイン講習会♪

2018. 2. 23.  すーちゃんねる♪

みなさま、こんばんは!!!


すーちゃんねる♪』です☆


先日、元住吉の美味しい珈琲屋さんMuiで開催された自然派ワインの講習会に、響氣2人組も参加してきました〜〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))



講師の、萩野浩之さんは
大学卒業後、ワインインポーターとして働き、19年前から『自然派ワイン』を広める仕事に専念。そして、昨年、『ATRIER OPPE(アトリエ オッペ)』として独立。
現在は、ワインの輸入、販売に関するサポート、ワインが好きな方や販売に携わる人に情報発信をしているそうです。



みなさん、気になったと思いますが、『自然派ワイン』ってなんだと思いますか???

酸化防止剤が入っていないとか、無農薬栽培とかイメージすると思いますが、ヨーロッパでは、そういった基準が定められているものを『Bio』と呼びます。
では、Bio = 自然派 ?と思う人も多いかもしれません。

答えはイコールではないそうです。

萩野さんは言いました
自然派 = 人』と。

一同『???』

自然派ワインの作り手は、『何も手を加えない』でワイン造りをしていると言います。
何も手を加えないのは、放置することではなく、その土地にいる酵母を使ってワインを造るということ。

ワインを飲んだ時の風味というのでしょうか、これは全て『どの酵母を加えたか』によって決まるそうです。

自然派ワインが造られている土地には酵母が20種類ほどいるそうです。
それぞれの酵母が色々な味を生み出しているので、飲んだ感想として、ぼやーっとした味とか、人によって色々な感想が出てきます。
しかし、ぼやーっとしている中にも芯があって、まるでその造り手の想いを表しているかのよう。


農薬云々、酸化防止剤云々ではなく、『ありのままの酵母』が『自然派ワイン』だそう。
それをBioと言ってしまうと、基準に達したものだけがいいものというくくりになってしまうから、Bioワインではなく『自然派ワイン』と呼んでいるんだ。

っと萩野さんが言っていました。

最近、ワインを勉強している院長は、興味津々!!!


私は、ワインの知識はないのですが、どんなことにも共通しているように感じました。
それは『
何かを作り出す時に想いが強ければ強いほど、その造り手の色が強く出る。
人は、その『』に魅せられファンになっていくんじゃないかと思いました。



お話を聞きながら、萩野さんが選んだ自然派ワイン5種いただきましたo(^▽^)o

《スパークリング》

フリッツィ POP 2013 テヌータ ラルモニア


《白ワイン》

アンチコンスティトゥショネルマン 2015 レ サボ デレーヌ



トゥーレーヌ ブラン ド シェーブル 2016 クロ デュ テュエ ブフ


《赤ワイン》

ボジョレー 2015 イヴォン メトラ



サペラヴィ アモール 2011 ニカ


他にも美味しい自然派ワインがたくさん☆



正直、ワインは飲み慣れてなく、少し苦手意識もあったのですが、
どれも飲みやすく、美味しかったです(●´ω`●)

萩野さんはメルマガ(有料)でいろんな情報を届けてくれるそうです☆
私も登録して、ワインの勉強しようかしら...

メルマガ登録・ATRIER OPPEの詳しい情報はこちら↓↓



萩野さんは茨城へ帰るため22時半頃帰宅
その後、みんなで歓談していると...

突然、『HAPPY BIRTHDAY』の歌が!!!

そう、2月16日はMuiの甘いもの担当『山下久美子』さんの誕生日♪



みんなに愛されてる山下さん

素敵な笑顔と山下さんの美味しいお菓子にいつも癒されています(//∇//)




大沢さんが
お祝いに!!!っとシャンパンを出してくれました\(^^)/



みんなでお祝いして、山下さんお手製りんごのシブーストをいただいて、帰路につきました☆



ここでふと疑問が...

洋菓子とワインは合いそうだけど、
和菓子とワインはどうなのだろう...っと


っということで、
バレンタイン週間の最終日に失敗してしまったこともあるので、
ホワイトデーにリベンジ和菓子作りをしたいと思います。
そして、和菓子にワインは合うのか検証しようと思います☆

期間はおそらく
3月12日(月)〜3月18日(日)

また改めてお知らせいたします!!!

みなさまのご来院お待ちしております♪



バレンタイン週間に作った和菓子は、後日『すーちゃんねる♪』にアップいたします☆彡

お楽しみに( ̄ー ̄)ニヤリ